20代の仕事

20代で仕事の悩みを抱えているあなたへ【人間関係+将来について】

2020-10-01

仕事で悩み頭を抱えている男の写真

20代の仕事で悩んでる社会人

最近仕事があまりうまくいっていない。

自分だけこんな悩みを抱えているのではないかと不安。

 

20代で仕事に悩みを持っている人向けの記事です。

 

記事の内容

  • 20代で一番多い仕事の悩み=人間関係→環境を変えるのもあり
  • 20代では今後の仕事のキャリアでも悩みやすい
  • まとめ:20代の仕事の悩みはみんな経験するもの

 

記事の信頼性

20代は仕事で悩むことが多いですよね。

20代は特に経験値が少ないために、悩んだら変な方向に走りがちです。

過去に経験した悩みと、周りの同世代が抱えていた悩みを、ポイントを絞ってまとめています。

 

ほぼ全員20代は、仕事で悩みを感じます。

 

もし感じていなかったら、何も考えていない場合です。

 

20代の時に抱える悩みと、どう乗り越えるかをまとめています。

 

 

20代で一番多い仕事の悩み=人間関係→環境を変えるのもあり

複数の部下に叱咤激励する上司の写真

20代で一番多い仕事の悩み=人間関係→環境を変えるのもあり

 

全世代共通の悩みです。

 

ただ、20代は基本的に一番下のポジションなので、吐口が少なく悩みやすい年代です。

 

人間関係は1番の退職要因

20代での転職理由は、人間関係に関する場合が多いです。

 

あなたも何かしら、経験があるでしょう。

 

学生までは、同年代とつるむことが多いですよね。

バイトや、インターンで社会人と、話す機会はあるかもしれませんが、ほんの一瞬です。

 

でも社会に出たら、同世代ということがほとんどないです。

 

今まで通用していた常識が、通用しなくなって、そこにストレスを感じやすくなります。

 

20代で、人間関係で何の悩みを感じない人はいないです。

みんな一緒なので、あまり悩み過ぎないようにしましょう。

 

上司、同僚、取引先とは言え、人間いろんな人が会社、社会にはいます。

 

全員とわかり合うのは不可能なので、ある程度割り切っていきましょう。

 

あまり悩みすぎると、あなたの心が持たなくなります。

 

仕事の人間関係で悩んだらすべきこと

仕事で人間関係に悩んだら、以下のことをしてみましょう。

 

  • 誰かに相談
  • 人事に掛け合う
  • 自分が好きなことを思いっきりする

 

結構当たり前の内容です。

 

意外と人に頼ることができない人もいます。

 

ポイント

話すと楽になる場合も多いものです。

人に話を聞いてもらうことを優先に動いてみるといいです。

 

一人で悩み過ぎるのは危険です。

 

無理せず、人に頼るか、自分の好きなことをして、とにかくストレスをためないようにしていきましょう。

 

人間関係はすぐ変えられない→だめなら脱出しよう

どうしても今の環境が、あなたに合わない場合は、その環境から脱出した方がいいです。

 

人間関係は、あなた一人が頑張っても、簡単には変えられないことが多いからです。

 

  • 上司が人間的にダメな人
  • 罵声が頻繁に飛び交う職場
  • 同僚が悪口ばかりのネガティブな人

 

上記のような状況は一人では変えられませんね。

 

人が動くのを待つのは、いつになるかわからないし、そもそも人が動くかもわかりません。

 

過去に周りで、詰められ過ぎて、躁鬱を発症した人もいました。

特に上司は、運ゲー要素が強いですよね。

 

人としてアウトな人を引いてしまった場合、あなたのメンタルも崩壊しかねません。

 

病気になってしまう前に、動いて逃げ出すのが得策です。

 

あなたができることはしたが、状況は変わりそうにない。

 

そんな場合は、今の環境から抜け出しましょう。

 

うまくやりながらも、決して無理はしないように。

 

 

20代では今後の仕事のキャリアでも悩みやすい

目標に向けて飛躍する男の写真

20代では今後の仕事のキャリアでも悩みやすい

 

20代で目標が定まっていて、やりたいことが明確な人は、最強です。

 

ですが、ほとんどいませんね。

 

もしあなたが、今後のキャリアで悩んでいるのであれば、誰もが経験する道だと思って気楽にいきましょう。

 

何をやりたいのかがわからない

やりたいことがわからないのは、よくある悩みです。

 

やりたいことがない場合は、やりたいことに出会ってないだけのパターンが多いです。

 

20代の時は、あれもこれもとなりがちです。

自分の方向がわからない場合、気になるもの複数個、取り組んでみて、判断してもいいです。

 

30代に入ると今更やろうと思っても、年齢制限をくらうことが増えます。

 

思い立ったものは、20代のうちに、試してみてましょう。

 

そこで得た経験(良いものも悪いものも)は、将来の判断軸になっていきます。

 

大して目標もなく今の会社に入ってしまった

目標を決めずに、会社にとりあえず入ってしまった場合、不安になりますよね。

 

  • 唯一内定をもらった
  • 成り行きで入社した
  • 就活、転活をこれ以上するのが面倒だった

 

こんな理由の場合、将来の目標って決まっていない場合が多いでしょう。

 

入った時に目標が無くてもいいですが、後々決めておかないと、時間を浪費してしまいます。

 

ただ仕事をこなすだけになって、歳だけ取ってしまうからです。

 

ざっくりとでもいいので、将来像を決めておきましょう。

 

たとえば

  • 在宅で働き通勤を0にする
  • 専門職でその道を極めてたい
  • マネジメント職で部下の面倒を見ていきたい

 

大まかなゴールを決めて、今のあなたと見比べて、足りてないことを伸ばしていくといいです。

 

言葉で言うと簡単ですが、実際にやるのはなかなか難しいです。

 

まずは自分が目指したい先を決めて、そこに向かって逆算していきましょう。

 

30代へ向けた重要な10年間→悩んでる暇はない

20代前半は、社会人に慣れていないため、1年が長く感じやすいです。

 

20代後半を過ぎたあたりから、一瞬になっていきます。

 

そしてあっという間に、30歳です。

 

何も考えず、仕事に忙殺されると、一瞬で10年間が過ぎます。

 

30代に入ると、責任のある仕事や、部下の管理の仕事がだんだんと増えてきます。

そうなった場合に、20代のときに経験を積んでいないと、痛い目に合います。

 

正直20代は悩む時間があったら、とりあえずやってみることを、おすすめします。

 

理由は、仮に失敗しても挽回できるからです。

 

悔いの少ない20代にし、30代に突入しましょう。

 

 

まとめ:20代の仕事の悩みはみんな経験するもの

仕事に疲れてタイピングさえできない男の写真

20代の仕事の悩みはみんな経験するもの

 

20代の仕事の悩みに関して、まとめてきました。

 

20代の悩みは、

  • 人間関係
  • 将来のキャリアに関して

この2つが、自分自身含め、周りにも多かったです。

 

人間関係は、あなた一人では、どうしようもない部分もあります。

 

心に負荷がかかっているのであれば、職場を変えることも検討に入れましょう。

20代なら選択肢は複数あります。

 

将来が不安という方は、大枠の目標だけでも決めておくと、将来失敗しにくいです。

 

まず現時点のあなたから見て、その目標を達成する上で足りないものは何かを洗い出します。

それらを1個1個潰していくことで、目標達成できます。

 

20代は本当に貴重な10年間です。

 

20年である程度の経験や専門性を身につけ、30代で経験を活かして突き進み、40代で後進育成の流れで大体進んでいきます。

 

スタートでつまづかないように、走り出しましょう!

 

 

-20代の仕事
-,

© 2021 szkblog