20代の仕事

20代のうちに仕事に打ち込むと30代でかなり楽できる

2020-09-09

高層ビルから都会を眺めるスーパーマン

IS

30代中盤の会社員→経歴:地方国立大文系卒▶︎飲食▶︎人材▶︎貿易▶︎IT|転職4回経験|SEO会社のWebマーケティング部勤務|TOEIC855|20代~30代前半向けの仕事、本の要約、レビュー記事を執筆中

本記事について

今仕事にひたすら打ち込んでいて、仕事だけの人生に疑問や不安がある、20代の方向けの記事です。

逆に20代のうちにがんばれないと、30代に入ってがんばれません。

そのため、20代のうちは無理をしない範囲で、打ち込みましょう。

 

記事の内容

  • 20代で仕事だけに打ち込んでると将来周りを出し抜ける
  • 20代のうちに環境を変えて、さらに仕事だけに打ち込むのもあり

 

記事の信頼性

20代中盤までは仕事メインで打ち込みました。

20代後半は向いてない仕事についたせいもあり、仕事に打ち込むことができませんでした。

その反省もふまえ、まとめています。

 

結論、このまま仕事だけ打ち込んでおけばOKです。

 

逆に20代のときに、仕事に打ち込む期間がないと、30代になって苦労します。

 

20代で「自分はこれだ!」というスキルを、身につけておかないと、転職や独立のときにハードモードになります。

 

20代は体も元気だし、社会人になって一定のお金が毎月入ってくるので、いろんな誘惑がある時期ですよね。

 

そんな時期に、欲のままに行動すると、将来ツケがきます。

 

20代のうちに、仕事に打ち込んで将来楽しましょう。

 

 

20代で仕事だけに打ち込んでると将来周りを出し抜ける

20代で仕事だけに打ち込んでると将来周りを出し抜ける

20代で仕事だけに打ち込んでると将来周りを出し抜ける

 

今仕事だけでつまらないと感じてるかもしれませんが、このまま続けましょう。

 

将来的に大きな差が生まれます。

 

モロに収入に直結する

仕事に打ち込まない人は、収入が上がりにくいです。

 

年収額は、業界や職種による部分が大きいですが、収入を上げるには、本人の努力が必須です。

特に若いうちに頑張れない、踏ん張れない人が、体力が落ちてくる30代以降で、頑張れるわけがありません。

ということは、「頑張れない→成果が出ない→ずっと年収が上がらない」と、なってしまいます。

 

20代で年収の土台が決まってくるので、このまま仕事だけに打ち込んでいきましょう。

 

今はキツくても未来が変わります。

 

今頑張れているあなたなら、いい結果がでるでしょう。

 

30代になってからの転職で非常に苦労する

20代で仕事に打ち込んでこないと、30代で転職したいとなっても相当厳しいです。

 

20代に仕事に打ち込めなかった人が、30代で転職となると、かなり難しくなります。

 

僕は30代でこの記事を書いている段階で転職活動中ですが、案件数が驚くほど少ないことを身に染みて感じました。
筆者

 

30代以降は即戦力やマネジメント層を確保したい企業が多いです。

 

20代で仕事に打ち込んでこなかった、結果を出せてない人が、闘う余地は残されていません。

 

20代でどんな仕事をしたかで将来の選択肢が決まる

20代での経験をベースに、30代以降のキャリアが決まっていきます。

 

20代は広く浅くも大事ですが、専門性を身に付け、一点突破の方が将来的に強いでしょう。

 

中途半端にかじって、将来の選択肢を広げることができる仕事出なければ、違う方面にルート変更した方がいいです。

 

一点突破が難しい場合、掛け合わせができるように考えて、キャリアプランを考えておきましょう。

 

 

20代のうちに環境を変えて、さらに仕事だけに打ち込むのもあり

洞窟から出た先にある、先の見えない階段を登ろうとする男の写真

20代のうちに環境を変えて、さらに仕事だけに打ち込むのもあり

20代で仕事に打ち込んで、強い専門性やスキルを身に付けないと、30代を超えてのキャリア変更は厳しくなります。

 

そうならないために、20代のなるべく早いうちに、複数の環境で働いていくことをおすすめします。

 

隣の芝生も見ておくことも重要

複数社勤めて、社風や価値観を見ておくことも重要です。

 

1社だけの経験だと、その会社の価値観だけしか知らないことになります。

 

複数社経験するとわかりますが、会社によって、文化がかなり違います。

軽くカルチャーショックを受けるくらいです。

筆者

 

1社の経験だけだと、自社を客観的に見ることが難しく、良い点、悪い点の判断が、つきにくくなります。

 

次で他社、自分の仕事以外を見るメリットを語ります。

 

20代のうちに、複数社経験して比較しておこう

30代になってから初めて転職となると、苦労する場合が多いです。

 

30歳超えて、他社の文化を受け入れる必要があり、心の準備が必要です。

 

場合によっては、年収が激減する可能性もあります。

 

そのため、20代のうちに複数社で勤務しておくとよいです。

 

20代で複数社を経験するメリットは、

  • 前職と比較できる
  • 行動力が身に付く
  • 良い点だけを取り入れていける

以上の3点と感じています。

 

複数経験することで、比較できるのが一番良い点です。

 

1社だと、良くも悪くも、その会社の価値観しか知らないことになり、それが倫理的にNGだった場合、あなたの価値観も歪んでしまいます。

 

終身雇用が崩壊した今だからこそ、複数社経験はより優位に働くでしょう。

 

今の会社から学べることがないと感じたら変え時

「複数社勤めるのが良いのは、わかったが、いつ変えればいいのか?」と、思うでしょうから、基準の一例をご紹介します。

 

仕事の変え時

  • 成長を感じていない
  • まわりとの価値観が合わなくなった
  • 時間だけが過ぎスキルが身についていない

以上の3つで判断してみるのも良いでしょう。

 

スキルが身についてなくて、成長も感じないのに、歳だけ重ねていく、これは自動的に市場価値が下がっていってるので、本当に要注意です。

 

仕事に打ち込んでも、あなた自信が伸びを感じていなければ、貴重な20代の時間を損してしまうので、動く決断をすることも大事です。

 

本記事と論点がズレてしまうので、割愛しましたが、長時間労働、休みが少ない、ブラック企業は論外です。

そんなところで、仕事だけに打ち込んでも、都合のいいマシーンに成り下がるだけです。

迷わずに変えましょう。

筆者

 

 

まとめ:20代は仕事だけに打ち込んでおいてOK

20代は仕事だけに打ち込んでおいてOK

20代は仕事だけに打ち込んでおいてOK

20代で、仕事だけに打ち込んでいるあなたは素晴らしいです。

 

このまま継続していきましょう。将来楽できます。

 

今仕事だけに打ち込んで、頑張れる方なら、きっと大丈夫です。

 

20代はほとんどの人が遊びまくったり、飲みに行ったりしてます。

みんながうつつを抜かしている間に、遠くに行ってしまいましょう。

 

もし、今の会社でこのまま仕事だけに打ち込んでも、得られることがないなと思ったら、思い切って環境を変えてみましょう。

 

環境が変わると、新鮮な気分になります。

 

新たな気持ちで、仕事に打ち込んで、有意義な20代にしていきましょう!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

IS

30代中盤の会社員→経歴:地方国立大文系卒▶︎飲食▶︎人材▶︎貿易▶︎IT|転職4回経験|SEO会社のWebマーケティング部勤務|TOEIC855|20代~30代前半向けの仕事、本の要約、レビュー記事を執筆中

-20代の仕事
-,

©︎To start blog 2020-2022