転職

20代後半でも上京転職は可能→東北から東京へ【全く遅くない】

2020-07-22

20代後半でも上京転職は可能→東北から東京へ【全く遅くない】

20代後半で上京転職を考えている人

  • 東京で働いていけるのか
  • 関東の人と絡んだことないし、人間関係面でも不安
  • 物価、駐車場代など、もろもろ高いって聞くし、お金の面も不安

東京で働いて見たいんだけど、不安が多い。

 

27歳の時に、東北から東京に上京して転職した経験をもとに書いています。

 

地方出身、東京での就職歴がない方向けの記事です。

  • 東京で働く上で気をつけること
  • お金の面はどう工面していくか
  • 田舎かの人間が都会の人とどう接していくべきか

以上の点を中心にお話をします。

 

記事の内容

  • 20代のうちに東京で働いてみよう→20代後半上京転職でもOK
  • 上京転職するとビビる、東京の物価の高さ
  • 東京は地方出身がうじゃうじゃいる=気にせず上京転職可能
  • 地方から上京転職するなら、東京のエージェントを使おう

 

記事の信頼性

東京で27歳のときに転職し、東北から上京しました。

20代後半から上京転職は全く遅くないです。

むしろある程度貯蓄があるし、社会人経験がるので、新卒で上京するより心が楽かなと感じます。

当時不安に思っていたことと、自分の実体験を踏まえて、記事にしています。

 

地方から東京に転職は、かなり勇気が入りますよね。

 

お金や言葉、人間関係、漠然とした東京でやっていけるのかという不安など。

 

地方から転職して東京で2年働いた結論

  • 東京圏で過ごすと、本当にお金が貯まらない
  • 満員電車には、今後絶対乗らない生活にすると心に誓う
  • 友達が少ない自分にとって、東京の我関せずな感じは最高

 

実体験をもとに記事にしています。

 

 

20代のうちに東京で働いてみよう→20代後半上京転職でもOK

20代後半でも上京転職は可能

20代のうちに一度転職して東京で働いてみよう

 

地方にいる20代のあなたにおすすめなのは、一回でもいいので、20代のうちに首都東京で働いてみることです。

 

  • 人の多さ
  • 日本の中心の現実
  • 東京の朝の満員電車
  • 都心の殺伐とした雰囲気

 

これらを自分の目で見て、感じられるからです。

 

東京の感想

  • 孤独好きには最高
  • 東京の我関せずな雰囲気は性に合う
  • もうあの鬼のような満員電車は一生嫌だ
  • 世界都市なだけあって最先端に触れられる

 

田舎者がいざ上京転職→朝の電車が仕事よりつらい

東京で2年働いた感想です。

 

朝も帰りも満員電車で、電車通勤がかなり大変でした。

 

きついとは聞いていたものの、実際体験すると想像以上です。

 

特に夏場は、もはや拷問です。

満員電車のストレスや、臭い電車の中の修羅場感は、自分で実際に感じないとわからないです。

 

田舎出身には、朝の電車は本当につらかったです。2年で限界でした。

 

やっぱり、車や自転車通勤が最高です。

 

地方にチャンスはあるのか?

ビビって地方にいたら、成功のチャンスを潰してしまう可能性があります。

 

今は田舎生活・移住が流行ってます。

20代で移住することは、ちょっともったいないかなと感じます。

得られる情報量や刺激が、東京と比べて段違いです。

 

田舎は特有の、エネルギー、覇気がない感じがあります。

若いエネルギッシュな人材が、地方で詰んでしまうのは、非常にもったいないと感じます。

起業家なら別ですが。

 

特に青森、秋田などは、大幅人口減が続いており、若者が地元に未来を感じていない証拠です。

 

東北、人口の減少幅拡大 秋田・青森など4県1%超 2019/7/10 18:56

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47192770Q9A710C1L01000/

 

とはいえ、今は場所を選ばず、稼ぐことも可能になってきているので、考え方は人それぞれです。

 

物価が安い、人が少ないところでのんびり暮らしたいという方は、地方は最適です。

 

 

上京転職するとビビる、東京の物価の高さ

20代後半でも上京転職は可能

地方から東京へ転職すると、まずビビる物価の高さ

 

超個人的な感想ですが、東京は住むところではなく、働く、観光するところです。

 

働いたり、遊んだりするには、世界でもトップレベルで最適な場所です。

 

ただ、住むとなると、話はまったく別です。

 

あんな家があんな値段?

ご存知の通り、東京は引くほど物価が高いです。

 

ボロ屋1Kで、9万円とかザラにあり、とても普通の20代の給与、貯金じゃ、余裕持って住めません。

 

都内に住む20代の人が、カツカツな理由がわかります。

手取り=生活費になってしまい、到底貯金なんてできません。

ちょっと遊ぶと赤字です。

 

貯金できないということは、資産運用へ費用を回せません。

 

東京に就職して、東京に住みたいのであれば、それなりの覚悟が必要です。

 

本当に、思ってる以上に、本当にお金がたまりません。

 

車好きにはキツイ・・・

何よりも衝撃だったのは、駐車場代が異常に高いことです。

 

15,000円だと安い方で、平気で2万円代があります。

青空ジャリ駐で、この金額です。

 

車を持ちながら、東京に住みたいと言う場合は、23区外の駅遠の極小ボロ家に住むことを覚悟した方がいいです。

 

上京してわかりましたが、東京は本当に車が不要です。電車が時刻表不要な位走ってます。

 

よほどの車好き出ない限り、東京では車は諦めましょう。

 

会社の家賃補助は最強

就職先の家賃補助があったら最高です。

 

都内住みたいなら、家賃補助を重要視して、会社探ししても良いんじゃないかという位、重要です。

 

IT系の会社だと、会社から2駅圏内の場合、補助が出たり、大手だと、独身・単身の場合、家賃数十%補助の案件もあります。

なかなか数は少ないんですが、都内で家賃補助は神です。

 

ポイント

仮に3万円補助出たら、ひと月分の食費をまかなえますし、自己投資や貯蓄に回すことができます。

 

大きな懸念点である家問題は、「妥協」と「就職先の補助」、この2点で判断していきましょう。

 

 

東京は地方出身がうじゃうじゃいる=気にせず上京転職可能

20代後半でも上京転職は可能

東京は地方出身がうじゃうじゃいます=気にせず上京転職可能

 

2020年、東京の人口が1,400万人を超えました。

 

もちろん全員が純正東京人ではないです。地方出身者も多数います。

 

田舎出身=気にしなくてOK

結構気にしますよね。

 

地方から出て就職して、そのまま結婚するパターンが多く、周り見ると結構地方出身者がいます

 

なので、田舎出身のことを気にする必要なしです。

 

田舎出身のことを馬鹿にされることが多々あります。特に東北地方は。

ムカつきますが、いい感じに受け流しましょう。

生まれたくて田舎に生まれたわけではないので。

 

田舎出身なことを馬鹿にされる【対処法4パターンを紹介します】』でも、馬鹿にされた経験をまとめています。

【怒】田舎出身であることを馬鹿にされたら【対処法4パターン紹介】
【いじめと同じ】田舎出身を馬鹿にされたら【対処法4パターン紹介】

続きを見る

 

なまり問題:「なまってみてよ」のフリがダルい

地方出身者、特に東北などの、強い訛りが地域の育ちだと、自分の方言が気になりますよね。

 

基本的に同郷以外の人に、なまりは出さない方がいいです。

 

標準語は話せるものの、地元では、気恥ずかしさと、もろ浮いてしまうんで、使わないですよね。

でも東京だと周りが基本標準語なので、ガンガン話せますし、使っているうちに、標準語話す自分に慣れます。

 

関西弁くらいメジャーだといいですが、基本標準語使いましょう。

 

普通に話してる人でも、地方出身だったりして、話を聞いていくと同じ思いを抱えていた過去があるようでした。

東京にいると、地方出身同志、仲良くなったりします。

やっぱり同じ思いを抱えて東京に出てきているパターンが多く、共感しあえる点が多いからです。

 

  • 「全然なまりでないね〜」
  • 「一回なまってみてよ」

このフリ、結構されるんですが、一回も応えたことはありません。

 

100%このフリを受けるはずです。東京にいる同級生全員が受けていたので。

 

基本こんなフリは完全無視しましょう。

単純にマウント取りたい、馬鹿にしたい、それだけです。

相手が嫌がることがわからない人間の相手をするのは、あなたの貴重な時間の無駄使いです。

 

「津軽弁→標準語」への変換講座【聞き取りがかなり難しい】』で、方言について語っています。

「津軽弁→標準語」への変換講座【聞き取りがかなり難しい】

続きを見る

 

 

地方から上京転職するなら、東京のエージェントを使おう

20代後半でも上京転職は可能

地方から上京転職するなら、東京のエージェントを使おう

 

地方から東京に就職希望の場合は、東京在住のエージェントを使いましょう。

 

地方からの自己応募はなかなか大変

地方から上京して転職する場合は、エージェントを通して、転職活動することをおすすめします。

 

自己応募だと、面接設定で非常に苦労します。

僕の場合、東京まで夜行バスで10時間かかる地域だったので、自己応募では調整が面倒だったので、エージェント経由に切り替えました。

 

エージェントを通すと、なるべくまとめて面接を受けたいなどの都合を、うまくまとめてやってくれます。

 

一度、『地元密着!! あなたの転職を応援!!』みたいな、地方の代理店に登録しました。

当たり前のように、地元中心かつ、案件が以上に少ない、そして東京へのパイプが弱いと感じました。

 

地方から出て、絶対に東京で働くという場合は、だまって都内のエージェントを使いましょう。

 

地方からでも、20代なら経歴をさほど気にする必要ないです。働き口はたくさんあります。

 

エージェント利用時に、一点気をつけて欲しいこと

 

とにかく早く、面接させたがるエージェントには注意しましょう。

 

あなたを手取り早く、内定が取れそうなところに入社させて、売上を稼ぎたいだけのタイプです。

 

こんなタイプのエージェントの場合、あなたの大事な将来を預けるのはやめましょう。

 

2020年〜は、地方民に追い風

コロナの影響で、Zoomなどを通して、会議や面接をすることが、当たり前になりましたね。

 

地方民にとっては、わざわざ東京に行かなくてもよくなり、交通費も時間も大幅に削減できます。

 

僕の例

費用が、夜行バス、食費、宿泊費など、もろもろ合わせて、一回の上京で3万円を超えました。

これを軽く10セットは行ったので、30万円ほど消えてます。就活自体にお金がかかってました。

Web面接だと、時間的にも、お財布事情的にもかなり良い影響がありますね。

 

今後はWeb面談が主流になり、直接エージェントにあったり、企業面接へ行くことは減るでしょう。

 

地方在住の方に取っては、わざわざ東京に行かなくてもいいので、かなりメリットがあります。

 

2020年以降は、面接も最終以外は、Web面談で行う企業も増えてきています。

 

 

就活も転職活動も、夜行バスを使って10時間以上時間をかけて上京し、面接や説明会に行ってました。

移動が減るのはかなりメリットが大きいですね。

 

【田舎から上京する就活生へ】東京での就活で知っておいて欲しいこと』で、夜行バス就活・転活のつらさを語っています。

夜行バス=きつい
【田舎から上京する就活生へ】東京での就活で知っておいて欲しいこと

続きを見る

 

地方から上京転職するときに利用したサイト

以下僕が地方から上京転職するときに、使用したエージェントとサイトです。

 

地方の媒体や、ハローワークも使用しましたが、結局都内の求人会社を使って転職しました。

 

企業も全媒体に載せてなかったり、効果を見て、出す媒体変えたりする場合があります。

必ず複数社登録して、希望する会社がないか、確認してみましょう。

 

上京転職で使ったサイト

    • リクナビNEXT:求人数が多いので、ここで今どんな求人があるのかざっくり掴めます。
    • マイナビエージェント:使いましたが、担当と合わず、使わなくなりました。
    • マイナビジョブ20’s:20代専門のエージェントで、未経験職にも強く、情報もいただけました。
    • doda:このエージェント経由で上京転職しました。担当の方が非常に丁寧でこの人で転職しようと思いました。
    • リクルートエージェント:案件数も多く、評価が高いだけあって、エージェントの質も高いです。
    • ミイダス:面接確約メールをいただけるので、書類選考がないのがかなり楽でした。

 

もし登録がまだの方は、速攻で登録しておきましょう。

 

3社のエージェントと話しましたが、最終的にはdoda経由で転職しました。

 

上京転職の話は、『26歳で飲食ブラック企業を退社→4ヶ月ニート→未経験転職した話』で、語っています。

東北から東京へ転職
26歳で飲食ブラック企業を退社→4ヶ月ニート→未経験転職した話
26歳で飲食ブラック企業を退社→4ヶ月ニート→未経験転職した話

続きを見る

 

 

まとめ:20代で地方から東京転職

20代後半でも上京転職は可能

20代で地方から東京への転職

 

20代の若いうちに、地方から東京への転職は、一度経験しておくと良い経験になります。

 

東京の生活を通して、地方の良さや悪いところに気がつき、都会、地方どっちの道を選んでいくかの、判断基準を作ることができるからです。

 

東京の他に、大阪、名古屋にも住みました。

都会は利便性と人間関係のうえでは、個人的にものすごく暮らしやすいかったです。

給与水準が高いため、固定費をうまく調節できれば、懸念のお金の部分を解消できるでしょう。

 

東京、地方、それぞれ良い悪いがあります。

 

あなたの目で判断するためにも、20代のうちに東京を経験しておくと、良い判断軸ができます。

 

30歳過ぎて、東京へ働きに出るのは、エネルギーが必要です。

悩んだり、少しでもチャレンジしたい気持ちがあるのであれば、20代の今、上京してみましょう。

 

地方から東京に出て、苦労し、結局東京からは離れましたが、とても良い経験になりました。

 

営業向いてないから転職した【営業経験は将来的に超強い経験になる】』で、都内で働いた初めての経験をまとめています。

 

比較的身軽な20代後半のうちに、上京してみるをおすすめします。

 

人の意見より、自分の経験が何よりも響きます。

もし合わなかったら、田舎に戻れば良いだけです。

 

1回きりの人生、悔い残さないように、挑戦しておきましょう。

 

上京転職で使ったサイト

    • リクナビNEXT:求人数が多いので、ここで今どんな求人があるのかざっくり掴めます。
    • マイナビエージェント:使いましたが、担当と合わず、使わなくなりました。
    • マイナビジョブ20’s:20代専門のエージェントで、未経験職にも強く、情報もいただけました。
    • doda:このエージェント経由で上京転職しました。担当の方が非常に丁寧でこの人で転職しようと思いました。
    • リクルートエージェント:案件数も多く、評価が高いだけあって、エージェントの質も高いです。
    • ミイダス:面接確約メールをいただけるので、書類選考がないのがかなり楽でした。

 

 

 

-転職
-, ,

© 2021 szkblog