20代の仕事

若さは最高の市場価値。転職で20代は最強。

2020-08-30

光に向かって一直線に向かう男の写真

IS

30代中盤の会社員→経歴:地方国立大文系卒▶︎飲食▶︎人材▶︎貿易▶︎IT|転職4回経験|SEO会社のWebマーケティング部勤務|TOEIC855|20代~30代前半向けの仕事、本の要約、レビュー記事を執筆中

本記事について

将来が不安な20代の方向けの記事です。

今の会社で続けていくのに不安はあり、実際転職したいけど、大したスキルもなく、転職できる自信がない方もいると思います。

しかし、若さに勝る市場価値はないです。

20代の方なら、迷ってる時間がもったいなくなってしまいます。

30歳超えると、ポテンシャル採用の芽はほぼ閉ざされます。

そうなる前に考えて行動しましょう。

 

記事の内容

  • 若いだけで市場価値が高い=20代は強い
  • 市場価値が高い20代で動かないと30代で詰みます

 

記事の信頼性

エージェント数社と知人のエージェントから、生で情報を仕入れました。

現役エージェントは口を揃え、「若い人が一番強い」と答えました。

少しだけ齧った30代より、未経験の20代中盤の方が欲しいと判断する企業も多いようです。

 

私自身32歳の時に、人材紹介で未経験OKのWebマーケティング案件を探しましたが、案件は皆無でした。

エージェントは口を揃え、「20代なら・・・」と言います。

コロナの影響で、採用を控える企業が増えたことも後押ししてます。

スキルのない30代はこれから淘汰されていくのだなと感じます。

筆者

 

今20代の方はこうならないために、1日でも若いうちの行動を勧めます

 

30代入ると本当に残酷なくらい厳しいです。

放置でもバンバン来ていたスカウトメールも、10数通にまで激減します。

来るのは、万年人材難の業界ばかり。

 

若さは最強です。迷っている時間がもったいないです。一番若い今日から行動しましょう!

 

 

若いだけで市場価値が高い=20代は強い

若いだけで市場価値が高い=20代は強い

若いだけで市場価値が高い=20代は強い

 

若いうちは、かなり転職で有利です。

 

20代前半は最強

あなたが20代前半なら、最強です

 

求人も入れ食い状態で選び放題です。

 

完全未経験でも、ポテンシャル採用してくれます。

 

この時期で賢明な判断をして動ければ、将来は間違いなく変わります。

 

尻込んで動かないのは、もったいないですよ。

 

社会人で20代前半は、数年しかないです。

年上からの「若いやつはすぐ辞める」とかいう、サブイ小言は聞き流して、即行動しちゃいましょう。

 

20代は黙っていても、かまってもらえる

婚活市場っぽいですが、転職市場でも若ければ若いほどかまってもらえます。

 

転職サイトに登録すると、20代ってだけで、鬼のようにスカウトメールが来ます。

 

それくらい、市場価値が高いということですね。

 

スカウトがバンバン来るうちは、「なんだ、めんどくせー」と思うかもしれないです。

ですが、いざ来なくなると寂しいですよ。

筆者

 

市場的にもホットな20代の今、活動しましょう。

 

30代に入ると、かまってもらえなくなります。

 

そうなったら、真面目にきついですから、要注意です。

最強の武器「若さ」をフルに使おう

若さの将来性は、本当に最強の武器になります。

 

若さの強み

  • 単純に体力がある
  • 失敗しても次がまだある
  • 将来性を見込んで採用してもらえる

 

30代に入りなるべく後悔をしないように、よく考えましょう。

 

 

市場価値が高い20代で動かないと30代で詰みます

市場価値が高い20代で動かないと30代で詰みます

市場価値が高い20代で動かないと30代で詰みます

 

30代で初めて(32歳)転職活動をした際、本当に20代と比べ、難易度が一気に上がりました。

 

30代→鬼のように案件減ります

30代になると露骨なくらい案件が減ります

 

20代の半分どころではないです。4分の1以下になります。
筆者

 

選べる数が激減し、未経験OKの案件はまだまだあるもの、業界が限られてきて、ブラックな案件も増えてきます。

 

それなりの経験を積んで30代に入るなら問題ないです。

 

のほほんと20代を過ごした場合、将来は覚悟した方がいいです。

 

即戦力重視になってしまう30代

30代以上のまともな求人案件は、即戦力やマネジメント層の案件が大半です。

 

社会人歴が10年ほどで、ある程度社会のこともわかってくる年代なので、企業側も速攻活躍して欲しいと思っています。

 

35歳くらいになると、マネジメントも視野に入れた即戦力が求められてきます。

なので、少なくとも35歳までに、自分のキャリアプランを決めておかないと、出世は断たれます。

 

20代の今のうちに動いて、キャリア積んでいけば、30代の転職のとき、案件選べる幅がぐっと広がります。

 

20代で市場価値をつけていないと30代で終わる

30代になってキャリア変更したいから、未経験職に転職したいと思っても、なかなか厳しいです。

 

これは身に染みて感じています。
筆者

 

本人はイケると思っても、周りがそうは見てくれません。

 

20代のうちに、違ったと思った道は軌道修正して、30代に臨めば全く問題ないです

 

そのためにも、今不安に思っていても、まずは動いてみましょう。

 

転職活動は、ストレスが溜まりますが、違和感を感じている会社にい続ける方がストレスのはずです。

 

 

まとめ:若さに勝る市場価値はなし→20代前半は無敵

若さに勝る市場価値はなし→20代前半は無敵

若さに勝る市場価値はなし→20代前半は無敵

 

若さに勝る市場価値はなしです。特に20代前半なら最強です。

 

30代で未経験の案件に移ることは、難易度が高いです。

20代であれば、キャリアチェンジも行えるので、今の自分に迷っている方は、悔いを残さないように検討しましょう。

筆者

 

逆に20代であれば、未経験職であろうと、挑戦できるし、企業側も採用してくれます。

 

30代になって後悔しないように、20代の今のうちに動きましょう。

 

 

今回話を聞いたエージェントは、『仕事の環境を前向きな理由で変えたい→成長したい意識が高いあなたへ』で、過去に使った感想も踏まえ詳細記載しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

IS

30代中盤の会社員→経歴:地方国立大文系卒▶︎飲食▶︎人材▶︎貿易▶︎IT|転職4回経験|SEO会社のWebマーケティング部勤務|TOEIC855|20代~30代前半向けの仕事、本の要約、レビュー記事を執筆中

-20代の仕事
-, ,

©︎To start blog 2020-2022