20代の仕事

20代は仕事で失敗しても大丈夫【ビビらず挑戦しちゃおう】

2020-09-13

20代は仕事で失敗しても大丈夫【ビビらず挑戦しちゃおう】

仕事で失敗しまくった20代

仕事で失敗ばかりしている、こんなんで大丈夫なのか。

失敗ばかりしてるのは、自分だけじゃないか。

 

仕事で失敗している最中の20代に向けた記事です。

 

記事の内容

  • 仕事で失敗しても20代なら大丈夫
  • 20代で失敗にビビって挑戦しないと将来詰む

 

記事の結論

20代で仕事で失敗しても、全くもって大丈夫です。

失敗しないように、丸く収まるような仕事ばかりしていると、成長見込みがなくなってしまいます。

失敗より、挑戦しない方がマイナスです。

 

20代のうちに挑戦して、失敗しておいてください。

 

30代入って、単純な業務で失敗ばかりしてると、能力がない奴=使えない奴認定されます。

 

20代のうちに新規事業や転職、企業など、仕事に関わることに、どんどんチャレンジして、失敗しましょう。

 

 

仕事で失敗しても20代なら大丈夫

20代は仕事で失敗しても大丈夫【ビビらず挑戦しちゃおう】

仕事で失敗しても20代なら大丈夫

 

基本20代での仕事のミスは当たり前なので、気にしないようにしましょう。

 

20代前半(新卒)の仕事での失敗は当たり前

20代前半や、新卒の子がいきなり仕事ができたら、それはそれで驚きです。

 

基本ミスると思って周りも見ているので、失敗を恐れず、仕事していきましょう。

 

もしかしたら、

  • 失敗すると恥ずかしい
  • 評価が下がりそう

など気になるかもしれません。

 

そもそも、まだ下がるほどの評価なんてないので、全く気にせずにいきましょう。

 

20代前半は、ほとんどのことが未経験なので、どんどん挑戦して失敗しておきましょう。

 

  • 「自分にはできなそう・・・」
  • 「この作業自分に向いてない・・・」

など、言い訳はいらないので、とりあえず試してみましょう。

 

チャンスを受動的にたくさんもらえるのが、20代前半の特権です。

 

しっかりと活かしましょう。

 

仕事に慣れてくる20代中盤は失敗から学ぼう

25〜26歳位になると、5年程度働き、社会人にもなれてくる頃ですね。

 

この年代は、失敗して終わりではなく、失敗したことを次に活かして、同じミスをしないようにすることが大事です。

 

そこそこ頼られる年代のはずなので、失敗してばかりいられないはずです。

 

とはいえ、まだ若造です。

 

調子に乗りやすい時期なので、今一度引き締めて謙虚に学んでいきましょう。

自分はまだまだだと思って、吸収していきましょう。

 

割と重要度が高い仕事を任されたときは、チャンスです。

 

失敗を気にせず、チャレンジしてみて、勉強しましょう。

 

命・大金を失う以外の失敗は20代にとって痛み0

20代は、人生の中でも、最強な年代のではと感じます。

 

お金も自分で稼げるようになって、体力もまだ有り余ってる。

 

この時期に、たくさんのことを経験しておかないと、将来体力的にやれなくなることも、あるはずです。

命の危険を犯した一世一代の挑戦とか、有り金全てをぶっ込んだ投資などをしなければ、その他の失敗は屁みたいなものです。

 

20代で、挑戦するメリットは、仮にミスっても、余裕で挽回が効くことです。

 

やった後悔より、やらなかった後悔の方が大きいとよく聞きます。

あなたはそんな後悔をしないように、20代の今、やりたいことはやっておきましょう。

 

 

30代入って同じことをして、失敗したら、日本の社会では、なかなか復活が難しくなります。

 

日本は30代入ると、スキルがないと、転職が厳しくなるし、即戦力扱いされるからです。

 

だから早いうちにやりたいことは試しておきましょう。

 

 

20代で失敗にビビって挑戦しないと将来詰む

20代は仕事で失敗しても大丈夫【ビビらず挑戦しちゃおう】

20代で失敗にビビって挑戦しないと将来詰む

 

新卒至上、35歳上限など、いまだに残ってる日本社会では、人生経験が少ない人は、歳取るごとに厳しくなっていきます。

 

30代に入って、失敗ばかりなのは見ていられない

「使えねぇ、このおっさん」

「あのおっさん、いつもミスってね?」

30代入って、しょぼいミスばかりしていると、こんな感じで20代の若い子に、言われてしまいますね。

 

肩身が狭くなってしまいます。

 

30代は20代での経験を活かして、実際に数字をバリバリあげたり、部下の管理を期待されます。

 

上長と部下の橋渡し的な存在にもなります。

 

そんな年代の人が、ミスりまくって、いつも怒られて、ペコペコばかりしてるのは、ちょっと哀れになります。
筆者

 

惨めな30代にならないために、20代で挑戦できることはし、経験を積んで、30代に乗り込みましょう。

 

30代は結果を求められる=失敗がしにくくなる

転職の際に、未経験OKの仕事で、人材を採用する場合、どうしても、若い方に期待をかけてしまいます。

 

若い方が良い悪いではなく、30代には経験を活かした、即戦力で働いて欲しいからですね。

 

リアルタイムで、転職活動していますが、IT系でも未経験OKの案件は、30代に入り激減しました。
筆者

 

30代は即戦力で、結果重視です。

 

結果が求められてくるので、失敗ばかりしていられません。

 

裏を返せば、経験もバリバリ積んで、即戦力として入社できれば、かなりの確率で年収アップも図れます。

 

そのためにも、20代で行動、挑戦しておきましょう。

 

20代中盤なら挑戦して会社でも目立っていこう

会社で、新規事業の募集などがある際は、積極的にチャレンジしてみましょう。

 

20代中盤だと、社会人経験も4年弱あり、ある程度の役割で事業に携わることもできます。

 

社内で新しい何かがあるときは、どんどん挑戦をしてみましょう。

 

うまく行かなくても、必ず良い経験になります。

評価面談や、転職面接でもアピールできます。

学生の時と違って待っていてもチャンスはこないので、自分から取りにいきましょう。

 

会社の新しいことに、メンバーとしてチャレンジしていることで、単純に目立てます。

 

名前を広まり、また新たな何かがある際に、声がかかったり、立候補しても、通りやすくなったりします。

会社でいい意味で目立って置いて損はないです。

 

 

まとめ:20代は仕事で失敗しても大丈夫

20代は仕事で失敗しても大丈夫【ビビらず挑戦しちゃおう】

20代は仕事で失敗しても大丈夫

 

20代で、仕事失敗してもまったく問題なし。

 

逆に、20代のうちに仕事で失敗しておかないと、将来苦労します。

 

今失敗ばかりでも将来役に立つので、このままがむしゃらに頑張りましょう。
筆者

 

失敗が怖いからと、チャレンジしないのは、一番ダメです。

 

20代は失敗を恐れず、どんどん挑戦していきましょう。

 

30代できっと楽できますから。

 

 

-20代の仕事
-,

© 2021 すずブログ