転職

大学時代就活で大失敗→転職で挽回成功【新卒入社が全てじゃない】

2020-07-26

若者たちが歯車の上を走っている写真

就活に失敗したのに、だらだらと働いている人

失敗してしまったけど、挽回できるのか知りたい。

とはいえ、また失敗しないか、転職も不安。

 

失敗したなと思う会社で、このまま働き続ける方が、人生損しますね。

僕はいらん根性を発揮し、4年もムダに時間過ごしてしまいました。

ミスったと思ったら即動きましょう!

筆者

 

記事を読むとどうなるか

  • 就活で失敗しても、大丈夫な理由がわかる=転職で挽回可能
  • 転職して挽回できると自信がつく

 

記事の内容

  • 就活で失敗するのはほぼ当たり前
  • 就活失敗からの転職挽回法

 

簡単な概要

就活で成功する人の方がレアです。

なので、仮に失敗したと思っていても、転職で挽回できます。

就寝雇用が終わりかけていて、社会的にも転職が普通になってきているから、挽回しやすい環境にあるからです。

 

 

就活で失敗するのはほぼ当たり=転職で挽回可能

頂上までのマイルストーンを確認する男の写真

就活で失敗するのはほぼ当たり=転職で挽回可能

 

就活で成功している人の方が、少ないんじゃないかと感じます。

 

ミスったのは、あなただけじゃないと考え、前向きにいきましょう。

 

  • 「就活成功した」と言ってる人、周りにいない
  • 就活失敗しても気にしなくてOK
  • 転職で挽回できると前向きに

 

「就活成功した」と言ってる人、周りにいない

あなたの周囲で就活に成功したと言っている人はいますか?

 

結構マイナス意見を言う人が多くないですか?

 

だから就活をミスっても、「みんな一緒なんだ」と思えば、気が楽です。

 

1社目で自分に合うベストの企業を見つけ出すのは、ほぼ不可能です。

 

就活サイトや、OBOGの評価が高かったが、いざ入ってみるとそうでもなかった。

 

うざい上司や、残業少ないと聞いていたのに、がっつり残業あるなど、思っていたのと違う場面って多いと思います。

 

入ってみて、実際に肌で感じないとわからない部分もあるので、良い経験になったと、プラスに捉えておきましょう

 

失敗経験をしておくことで、後の人生の選択肢を増やすことができます。

 

エジソン的に言うと、その失敗は失敗じゃなく、自分に合わない会社がわかったとも言えます。

 

就活失敗しても気にしなくてOK

就活失敗したことは、とくに気にしなくてOKです。

 

周りが同じなのと、もしかしたら、その失敗があっていい方向に人生が向くかもしれないからです。

 

僕はテキトーに就活したのと、世の中舐めていたのが原因で、就活に失敗しました。

新職業に入り、年間休日70日以下、9〜24時の労働。

完全に失敗しました。

 

このままでは、人としての生活が送れないと、4年目にして思い立ち、転職をしました。

結果今は年休120日、基本9〜18時で帰れる仕事に就いています。

本当は1年目の時点で、「これはまずい」と気がついていましたが、入社してすぐ辞めるのは気が引けると思い、だらだらと4年てしまいした。

 

あなたは「失敗したな」と、思った時点で行動しましょう。

 

納得してない仕事して生きていても、本当の満足感は得られず、人生損してしまいます。

 

転職で挽回できると前向きに

就活で失敗しても、転職で挽回できます。

 

今は転職に対して、ポジティブなことになってきているのと、就活で失敗したときと同じ行動をしなければいいからです。

 

昔は石の上にも3年だとか、いい大学を出て、一つの会社で定年まで勤め上げるのが美徳でした。

ですが、今はあの世界のトヨタでさえ、終身雇用が維持できないと話しているくらい、雇用の安定はなくなってきています。

だからこれをプラスに捉え、就活に失敗してしまったあなたも、世の中の流れに乗って、便乗転職しちゃいましょう。

 

1社で65歳まで勤める、短期間で離職=悪、こんな考えはとっくに終わってます

 

だから就活失敗したとしても、気にしなくもいいです。

 

オジイの上長に、なんやかんや言われるかもしれませんが、そこは淡々と受け流して、就活失敗からの転職で挽回ストーリーを描きましょう!

 

26歳で未経験職への転職活動【ポテンシャル採用が望める】
26歳で未経験職への転職活動【ポテンシャル採用が望める】

続きを見る

 

 

就活失敗からの転職挽回法

前の3人をジャンプして一気に抜き去る男の写真

就活失敗からの転職挽回法

 

次に実際に、就活失敗から、挽回する方法をまとめています。

 

前向きな気持ちで、転職活動しましょう。

 

  • 転職で活かせるスキルや経験がないかの確認
  • 自分要因で就活で失敗した原因を洗い出す
  • 失敗したと嘆いている暇があるなら即行動

 

転職で活かせるスキルや経験がないかの確認

まずは、あなたのスキル、経験を洗い出しましょう。

 

転職では、新卒就活ほど学歴は重要視しないです。

 

会社は、あなたが受ける会社に何を提供できるのか、を知りたいからです。

 

資格があれば一番楽ですね。

 

簿記1級、TOEIC800など目に見えて分かるものや、プログラミング、動画編集やWebライティングなどの、IT関連のスキル等あるとアピールしやすいです。

 

「そんなスキル持ってないよ」と言うあなたでも、特に気にしなくて大丈夫です。

 

僕もその一人でしたが、無事に転職で挽回できています。

 

  • 飲食店長経験のみ
  • 20代前半で新店舗立ち上げ
  • 従業員研修(発声やオペレーションマニュアルなど)
  • 50人規模(アルバイト)のマネジメント経験

 

これらを、言い換えて面接で伝えました。

 

大それた経験なんて、必要ありません。

 

あなたの中で、頑張ったことや、今までの経験を、伝え方を変えてアピールすれば問題ないです。

 

自分要因で就活で失敗した原因を洗い出す

就活で失敗した要因は、徹底的に探し、洗い出しましょう。

 

失敗した原因を知らないままで、転職してもまた同じ状況に陥る可能性が高いからです。

 

たとえば、望んでいない業界に入ってしまった、体育会系のノリが自分に合わなかった、典型的なブラック業界に入ってしまった、など。

どうしようもできませんが、上司・同僚との人間関係が絶望的に悪かったというのも原因になりうるかと思います。

 

あなたが失敗と思ってしまったのは、何かしらの原因があるはずなので、ダルがらずに、深掘りしてみましょう。

 

僕の場合は、就活が面倒で、最初に内定をいただいた会社で決めてしまったことが原因でした。

比較検討しておきゃ良かったと反省。

 

あなたが失敗したと感じた要因を見つけ、転職でその問題を回避できれば、必然的に挽回できる可能性が上がります

 

何が原因かは、あなた自信しかわからないことなので、自分と向き合って、要因を見つけ、絶対転職で挽回しましょう!

 

失敗したと嘆いている暇があるなら即行動

「失敗した・・・、でも転職するのも面倒」、この考えは人生損します。

 

行動をしないと、環境は変わらないし、単純に時間がもったいないからです。

 

言い方悪いですが、今の会社選んだのもあなたです。

 

自己責任で、いきましょう!

 

人間関係で悩んでいるならば、自分で動いていい方向に変えていくのが、手っ取り早いです。

おそらく周りの環境が劇的に変わることなんて、そうそうありませんから。

 

ミスった気持ちで、働いていても、なかなか苦しいし、結局人生の貴重な時間を損してしまいます。

 

最重要なことは、行動です。

 

 

まとめ:就活に大失敗→転職で挽回成功

雲の上まで伸びる梯子を使い、星を取ろうとするお男の写真

就活に大失敗→転職で挽回成功

 

就活に失敗しても終わらないし、転職で挽回できます。

 

だらだらミスったと思っている会社で働き続ける方が、よっぽど終わってます。

 

転職がしやすくなっている現状も、後押ししてくれますので、失敗からの逆転をサクッと決めましょう。

 

一番重要なのが、行動することです!

 

 

-転職
-, ,

© 2021 すずブログ