仕事術

仕事ができなくて怒られてばかりのあなたへ【態度は大丈夫ですか?】

2020-06-20

仕事ができなくて怒られてばかりのあなたへ【態度は大丈夫ですか?】

毎日毎日、仕事ができなくて、会社で怒られてる。

もはや怒られるのが、仕事にみたいになってきてるし。

自分みたいに怒られる奴もいれば、全然怒られない人もいる。

なんなんだろう。

 

今回はこんな悩みを持った、20代向けに書いています。

 

記事の内容

  • 仕事ができないから怒られていると思っている部下
  • 仕事ができないから怒っているわけではない上司

 

記事の信頼性

怒られまくってきた自分の過去と、マネジメントする立場も経験しました。

なぜ怒りたくなるか、両者の目線を合わせてアドバイスします。

 

毎日会社に行っては、怒られて、家帰って落ち込んで、そんな生活はイヤですよね。

 

もしかしたら、あなたが仕事ができないから、怒られているわけではないかもしれません。

 

とはいえ、人から注意を受けてるうちが華とも言います。

歳取ったり、偉くなってしまうと誰も言ってくれなくなり、黙って周りから去っていきます。

 

そうならないために、20代のうちに、落ち込むだけじゃなく、素直に改善もしていきましょう!

 

 

仕事ができないから怒られていると思っている部下

仕事ができないから怒られていると思っている部下

仕事ができないから怒られていると思っている部下

 

仕事ができないから、怒られていると思っていても、実は違う理由で怒られているかもしれません。

 

23〜25歳そこらでバリバリ仕事できる人はごく一部

社会人になって数年で、仕事ができてたら誰も苦労しないです。

 

今から自分なりの成果の出し方、やりたいことなどを見つけて行く時期です。

 

もし新卒1〜2年目のあなたに、結果が出て良いないことに関して、ボロクソ言ってくるのであれば、それは上司・会社の教育ができてないことを逆にアピールしているものです。

 

コテコテの営業会社ならあると思いますが、そんな時代遅れの会社からは、脱出した方が身のためです。

 

仕事の成果より働き方を改善

とはいえ、怒られるのは何かしらの理由があるでしょう。

 

上司に対しての態度は問題ないでしょうか?

 

時折新卒・第二新卒でも、舐め腐った態度をかましてくる輩もいます。

自分の言葉使いや、態度を客観的に見てみましょう。

意外なところでイラつかせているかもしれません。

 

20代は、まだまだ学ぶ身なんだ、ということを忘れず、謙虚に、素直に行動しましょう。

 

自分の立ち居振る舞いを、今一度思い返してみましょう。

 

報連相を徹底しているか

社会人の基本です。

 

何歳になっても、例え社長だったとしても、報連相は最重要です。

 

でも、特に嫌なことって伝え辛いですよね。

 

  • 備品を壊してしまった
  • やるべきことを忘れていた
  • イケると思った案件を失注した
  • 自分の初期対応のミスでクレームになった

など、言いにくいとは思いますが、悪い報告こそ先にしておきましょう。

 

たまに良いことばかり報告する方もいますが、逆に怪しいです。

 

裏で何かやってないか、隠していることはないかなど、ちょっと疑ってしまいます。

たまには上司に、しょうもないことでも、相談しておくのもいいです。

仮に相談してダメだった案件なら、上司も強くは怒れません。

 

うまく世渡り何とかっていう奴です。

 

何も相談もなく、かつ結果が出てなければ、そりゃ怒られます。

 

社会人の基本として報連相はしておきましょう。

 

 

仕事ができないから怒っているわけではない上司

仕事ができないから怒っているわけではない上司

仕事ができないから怒っているわけではない上司

 

上司は上司で、単に結果が出ていないから、怒っているわけではないパターンが結構あります。

 

結果だけを怒ってはいない

結果が出ていないのに、何の相談もない、頑張ってる・努力している素振りが見られない、こんな場合は要注意です。

 

お金をもらっている以上仕事はすべきなので、何かしらのアクションを起こしましょう。

 

頑張って改善しようとしているけど、結果が出ないのであれば、怒るわけにもいかなくなります。

あなたの過程や態度も見ています。

営業会社だととくに結果が出ないと、居にくくなるは分かります。

でもそんな時こそ、逆に明るく振る舞いましょう。

結果も出てない、雰囲気も暗いだと余計にツッコミたくなります。

ナヨナヨした雰囲気は、結構人をイラつかせます。

 

仕事ができないだけでなく、無駄に評価を下げるような行為はしない方が得策です。

 

当てはまる節があれば改善しましょう。

 

単純に気に入らないだけ

人間的に気に入らない場合、これはどうもできない可能性大です。

 

人として合わない、態度とか雰囲気とか、何か嫌いなど、人対人なんで割り切るか、どうしても無理なら逃げましょう。

 

スカしてるタイプの人は注意で、上司から嫌われつパターンです。

こんなタイプの方は、フリーランスとか、フルコミッションの仕事などやった方が、個性が潰れずいいでしょう。

ある程度合わせることも必要ですが、個性を活かした方が、長い目で見るとあなたのためになります。

 

生理的に合わなくて怒られている場合もあるので、この場合は、割り切るか、転職しましょう。

 

上司が変わるまで待つのも、いつになるか分からないし、社会人のスタート時期で、無駄な時間を過ごすのは本当にもったいないです。

 

 

まとめ:仕事ができなくて怒られてるパターンは意外とない

仕事ができなくて怒られてるパターンは意外とない

仕事ができなくて怒られてるパターンは意外とない

 

あなたが怒られている理由を、客観的に分析すれば、解決法が見出せるでしょう。

 

媚び売る必要はないが、基本は徹底しよう

報連相は忘れず、嫌な報告ほど先に

 

上司から聞かれて悪い報告すると、すごく気まずい雰囲気になります。

 

なんで言わないんだよと、無駄な詰めをくらうかもしれません。

 

仕事ができないことを気にしなくて良い

20歳前半でバリバリ成果上げる人なんてごく一部です。

 

成果はこれから出していきましょう!

 

単純に仕事向いてない可能性もあるので、若い今のうちに転職も視野に入れてみましょう。

 

上司が理不尽怒鳴り野郎なら、逃げよう

上司の機嫌を伺って仕事するほどクソなことはないです。

 

生理的に合わないなら、逃げるのが得策です。

 

あなたの方が若いんで将来性があります。

 

合わない人と仕事して人生消耗するのも、時間の無駄ですよ。

 

基礎ができるので、社会人1〜3年目は本当に重要です。

 

いろいろ書きましたが、理不尽な叱責を除いて、叱ってくれる方がいることは良いことです。

歳を取ったり、偉くなってしまうと、誰も言ってくれなくなり、結果として黙って周りから去っていきます。

 

そうならないために、20代のうちに素直にできることは改善していきましょう!

 

-仕事術
-, ,

© 2021 szkblog