英語

TOEIC700から800の勉強時間【300時間は必要】

2020-06-14

TOEIC700から800のモデル画像

本記事の対象の方

TOEIC700点から800点を目指しているが、なかなか達成できていない。

何度受けても700点台で諦めかけている方向けの記事です。

 

記事の内容

  • TOEIC700点から800点までの勉強時間
  • TOEIC700点から800点達成までの心持ち

 

筆者の過去のスコア

2018年4月受験700点

2018年5月受験760点

2018年6月受験810点

写真の通り、700点から2ヶ月半で810点に到達しました。

この間の勉強時間は、平日4時間、休日7時間位です。

600点から700点よりは伸びが遅いため、短期間でまとめて勉強することをおすすめします。

 

700点から800点は約300時間で達成しました。

壁があると聞いていましたが、短期間で平日も土日も捧げたので、壁は特に感じませんでした。

筆者

 

800点取ったら上位15%には入れるレベルで、履歴書にも堂々と書けます。

TOEIC800点以上の案件にも応募でき、キャリアの幅が広がってくる点数帯です。

 

英語を使ってステップアップしたい人の、スタート地点でもあるので頑張って取りましょう。

 

細かい勉強法というよりは、マインド面重視の記事です。

 

 

TOEIC700点から800点までの勉強時間

巨大な時計の前に立つ女性

TOEIC700点から800までの勉強時間

 

700点から800点は、だらだら勉強するとなかなか抜けられないので、一気に勉強して短期間で超えましょう。

長い目でみると短期間でまとめて勉強した方が、早く800点にたどり着けます。

筆者

 

TOEIC700点から800点へは300時間ほど必要

最低でも300時間位は必要かなと思います。

2〜3ヶ月で達成させたい勉強時間です。

筆者

 

1日平均3時間の勉強で、3ヶ月で達成可能です。

休日の勉強量を増やして、月150時間頑張れると2ヶ月で可能なので頑張りたいところです。

 

700点から800点は片手間ではかなり大変です。

本気で取りたい方意外は、やめた方が無難です。

かけた時間とお金に対するリターンが低すぎるからです。

正直700点超えていれば、平均より100点高いので、決して低い点数ではないです。

いざ取ってみて感じますが、800点超えは、何か明確な目標がない限りは、あまりメリット感じません。

筆者

 

仕事や日常で活かしたいのであれば、実践的な英会話などに時間を使った方が100倍有効と感じます。

 

私の平日の勉強時間例

  • 5:00〜7:00 家でリーディング勉強と、リスニングスクリプト確認
  • 7:00〜8:00 通勤車内で、シャドーイング
  • 12:30〜13:00 リスニングパート3、4をスクリプトを見ながら音読
  • 20:00〜21:00 通勤車内で、シャドーイング
  • 22:00〜23:00 リーディング勉強

 

英語を日々使う環境にないのであれば、これくらいの意気込みは必要です。

 

所帯持ちの方はパートナーの理解を得る必要があるので、協力してもらいましょう。

 

 

TOEIC700点から800点達成までの心持ち

700点から800点達成までの心持ち

700点から800点達成までの心持ち

 

やる気継続のためにも、なるべく短期間で取り切りましょう。

 

とりあえず、外出したらリスニングパートを聞くこと

リスニングは、420点前後取れれば、800点到達に余裕が出ます。

 

Part2がなかなか強敵なので、Part3、4を確実に取って点数アップしましょう。

Part3、4で一見して解けなそうと思ったら潔く飛ばして、次の問題の先読みをしましょう。

800点ならまだ数問、捨て問作れます。

 

700〜800点の間は、リスニングで2〜3問は余裕で塗り絵できます。

悩む問題を考えるくらいなら、あっさりと捨てて、次の問題の先読みしましょう。

990点目指すわけではないので、特にリスニングは、迷ったらテキトーに塗って次の問題に移りましょう。

筆者

 

家にいる時など、座れる時はリーディング勉強を徹底

出先で動きながらリーディングは難しいので、家時間はリーディング徹底しましょう。

 

2020年からはコロナで家にいる時間が増えたと思うので、リーディングの時間を確保しやすくなってます。

 

リーディングは380点以上狙いましょう。

 

800点目指す段階では、長文は逃げて通れません。

 

ぱっと見で意味が取れない文は精読しました。

読める文は時間削減のため、ノータッチで飛ばします。

あくまで文構造を掴むためなので、返り読み日本語訳はしません。

意味の区切れで、理解していく感じです。

 

700点台の人であれば、基礎ができているはずなので、Part5は気休めで解く位でいいでしょう。

 

長文に飽きたら出る1000問で、スピードを落とさないように訓練しておきましょう。

 

800点目指す人は、結構勉強してきている方達でしょう。

 

今更細かい勉強の仕方の共有は不要だと思うので、自分が信じた勉強法をとにかく継続させましょう。

 

 

 

まとめ:TOEIC700点から800までの勉強時間

TOEIC700点から800までの勉強時間

TOEIC700点から800までの勉強時間

 

すでに700点以上取れているので、あとは取りこぼしを減らして、正確性を上げるため、訓練するのみです。

 

最低300時間確保しましょう

できれば2〜3ヶ月以内の短期間で勉強した方がいいです。

 

800点が目標だったら、その間の遊びは無しにして集中しましょう。

 

だらだらあのだるいTOEICの試験を受け続ける方がキツイです。

せっかくの日曜日も、半日以上奪われて、もったいないですよね。

筆者

 

800点超えで堂々と履歴書に書こう

バリバリの外資系以外は、800点あればツッコミが入るはずです。

 

会話のネタにもなるし、相当な努力ができる人とも思われやすいし、海外向けの仕事ができるチャンスにもなります。

英語できるできないではなく、そこまで頑張ったことを評価されるのが、嬉しいです。

よく800点の壁とか言いますが、単純に勉強時間が足らないだけでしょう。

 

取れない取れない言う時間、休みで遊んでる時間、無駄に動画見ている時間、これら全部勉強に当てれば良いだけです。

 

頑張って集中して短期間で取りましょう。

 

 

関連記事
How to study TOEIC
TOEIC→模試だけ勉強で800突破可能【3ヶ月で十分】

続きを見る

-英語
-

©︎To start blog 2020-2021