体験談

捨てて良かった形があるモノ13個

2020-05-16

人生で捨てて良かった形があるモノ13個【総額50万円以上捨てた】

本記事について

  • 部屋のモノが多すぎて整理したい
  • ついついモノを買いすぎてしまう

このような方向けの記事です。

実体験をもとに、捨ててよかった形があるモノを紹介しています。

若い頃は、本当に無駄なことにお金を使ってしまいます。

若気の至りで済む程度ならいいですが、人生が狂ってくるレベルのことになってくると大変です。

少しでもいいので、この記事を参考にしていただけると幸いです。

 

記事の内容

  • 捨てて良かった形あるモノ13個の紹介
  • それぞれの解説

 

今回は捨てて良かった形があるモノなので、アプリや人間関係、考え方などは入っていません。

 

記事の信頼性

捨てることと、掃除が好きな僕の実体験をもとに書いています。

若い頃は無駄なことにお金を使ってしまいがちですが、その失敗をもとに成長できます。

一概にお金を無駄にしたとは思わずに、プラスに捉えていきましょう。

 

捨てる時のコツは、「もったいない・・・」が、頭によぎる前に行動を起こします。

 

 

人生で捨てて良かった形あるモノ13個

人生で捨てて良かった形あるモノ13個

人生で捨てて良かった形あるモノ13個

 

僕が捨てて良かったもの13個の紹介です。

 

捨てたモノ一覧

  1. 収納ケース
  2. 毛布
  3. ラグ
  4. ガラステーブル
  5. ブーツ
  6. スーツ
  7. ゴミ箱
  8. 筋トレグッズ
  9. 頭に「いつか使う」が入るモノ
  10. 家電製品の箱
  11. 貰い物

 

それぞれ紹介します。

 

1.本

捨てたことで、部屋のスペースが大きく広がりました

 

最近は電子書籍を使っているため、現物で不要になりました。

 

今後も必要な本以外、全て売るか捨てるかしました。

 

売った時、たまに中古相場が高い本があったりします。

先日5年前に1,500円で買った本が500円で買取されました。

そんな時はラッキーです。

 

また、本が無くなったことで、本棚も不要になり捨てました。

 

本と本棚はセットで捨てられます。

 

2.収納ケース

こいつはとんでもなく邪魔者です。

 

本当に捨てて良かったです。

 

収納ケースは、それを置くのにもスペースを使います。

 

ケースがあるとついモノを入れてしまい、総量が増えてしまいます。

 

大体の人は、スペースがあってもったいないから、有効活用したくて収納ケースを買うでしょう。

その考えを捨て、ケースを持たない選択をするとスッキリしますよ!

 

3.毛布

特別豪雪地帯の地元を離れてから、冬場に寒い地方に住んだことがなく、不要と感じて捨てました。

 

毛布は、毛がホコリを吸着してゴミっぽくなるし、重いし、場所を取ります。

 

そのうえ、大きいのでなかなか洗えません。

 

日本人の大多数が住んでいる、関東、東海、関西に住みましたが、これら地方では特に毛布の必要性を感じませんでした。
筆者

 

冬場は薄くて軽い羽毛布団を追加して過ごせています。

 

4.ラグ

ラグはおしゃれで憧れる方も多いでしょう。

 

ですが、抜け毛が多い人は絡まるので、掃除も大変です。

 

捨てる時畳んだら、かなりのホコリが出てきました。

 

誇れまみれの部屋になる原因の一つでもありあmす。

 

結果的に、デカいボロ雑巾みたいな存在でした。

 

5.ガラステーブル

ガラステーブル

ガラステーブル

 

上のラグとセットで、気取りたい部屋に必須のガラステーブル。

 

いざ使って見ると重いし、場所をとるし、邪魔者でした。

 

それと、引越しの時に、梱包にかなり苦労しました。

 

引越し先に持っていったものの、結局組み立てられることなく、捨てました。

下に続く捨てて良かったモノにも入っていますが、お洒落と実用性の両立は難しいです。

筆者

 

6.ブーツ

下駄箱の空きスペースが、どっと増えました。

 

靴好きの方には、耳が痛い話ですが、持ってる靴で、実際に履いてるものって、どれだけありますか?

 

2〜3足に収まるのではと、感じます。

 

履かない物は靴のためにも、売るなり、あげるなりして、使ってもらう人のもとに運んだ方がいいです、

 

7.服

服を捨てると、クローゼットが、ガラッと開くので、かなり掃除した感を味わえます。

 

流行は変わる物だし、体型も趣味も少しずつ変化していきます。

 

今のあなたが着たくない、着れない服は捨てましょう。

 

「いつか」は、こないので。

 

8.スーツ

スーツ

スーツ

 

これは勇気入りますが、かなりスッキリします。

 

残すものを選ぶポイントは、捨てる前に一回着て、やる気が湧いてくるか確認することです。

 

良くあるときめかないものは捨てる、この感じと似ていて、「気合いが入らなければ捨てる」ということを行いました。

 

※礼服はレンタルするので、持っていません

 

9.ゴミ箱

今家にゴミ箱は0です。

 

フックにスーパーの袋を吊るしています。

 

これで全然OK。

 

ゴミ箱って、袋入れても、100%まで使えなくないことが多いです。

結局溜まったあたりで、箱から出して、まだゴミ捨てますよね。

だったら最初からいらんな、ということで捨てました。

 

邪魔な固形物が減ってスッキリです。

 

10.筋トレグッズ

いろいろ買いましたが、結果自重トレーニングが最強ということに気付きました。

 

「プッシュアップバー」と、「アブローラー」は、数回買っては捨てを、繰り返しました。

 

健康のために、日常的な筋トレをしたいという方は、グッズを集める前に、自分の体重でトレーニングできることがないか確認してみても良いと思います。

 

ゴリマッチョを目指すのでなければ、腕立て、スクワット、プランクで十分ですね。

 

11.頭に「いつか使う」が入るモノ

いつか使うからって取って置いたモノは、ほぼ使わないパターンが多いでしょう。

 

結構これは家に多いと思います。

 

「痩せたら着る」、「○○の時のために取って置く」など。

 

これら持ってたら、キリが無くなるので、捨てました。

 

もう一回言いますが、その「いつか」は、来ないです

 

12.家電製品の箱

以外と場所を取っていて、目障りなので、Apple製品以外捨てました。

 

売る時のためと思ってつい取っておきがちです。

リセールバリューが低い家電は、売るための労力の方が高くついてしまう場合があります。

 

メルカリでもありかなと思います。(送料注意)

 

実際売りに行くのは結構手間で、時間もかかるので、行動を起こさないことの方が多いです。

 

13.貰い物

やっかいなのが、結婚式の引き出物かなと思います。

 

3万円包んだしなーと、つい残してしまいがちですが、僕は速攻捨てています。

 

ご近所さん、知人、同僚などからも、もらう場合があるかもしれません。

僕はこれも、自分に今必要なモノ以外捨てています。

そして可能な限り人から貰わないようにしています。

 

悲しいことに、僕にはありませんでしたが、大切な貰い物以外は、捨ててしまっても問題ないと思いました。

 

 

捨てて良かった形あるモノまとめ

捨てて良かった形あるモノまとめ

捨てて良かった形あるモノまとめ

 

いらないモノをかなりの量買ってしまいました。

買う前に、本当に必要かご判断ください。

もし迷うようならその程度のモノです。

 

捨てたモノ一覧

  1. 収納ケース
  2. 毛布
  3. ラグ
  4. ガラステーブル
  5. ブーツ
  6. スーツ
  7. ゴミ箱
  8. 筋トレグッズ
  9. 頭に「いつか使う」が入るモノ
  10. 家電製品の箱
  11. 貰い物

 

細かく分けるとまだまだありますが、大きなモノだとざっとこんな感じです。

 

大部分がお洒落関係のモノでした。

 

ほぼ捨ててしまいましたが、後悔も全くない上に、身の回りがスッキリして良かったです。

 

もしこの中に捨てようかなと迷っているモノがありましたら、是非参考にしてみて下さい。

 

30代前半で引越しを人生で15回も経験している僕が捨てて良かったものなので、ひとり暮らしで異動が多いという方は、参考にしてください。

-体験談
-,

©︎To start blog 2020-2021