転職

飲食店の正社員はきついのか?【転職してわかったこと】

2020-05-07

飲食店の正社員は超きつい【店長時代3年間の鬼労働の日々から転職】

IS

30代中盤の会社員→経歴:地方国立大文系卒▶︎飲食▶︎人材▶︎貿易▶︎IT|転職4回経験|SEO会社のWebマーケティング部勤務|TOEIC855|20代~30代前半向けの仕事、本の要約、レビュー記事を執筆中

本記事について

  • 飲食店で正社員として勤務している
  • これから飲食店で正社員として勤務しようとしている

このような方向けの記事です。

 

記事の内容

  • 飲食店での正社員店長経験のきつい点
  • 飲食店での社員生活がきついならどうすべきか

 

筆者の経験

飲食店で4年間を店長として勤務していました。

その経験をもとに、きついポイントをまとめています。

やりがいのある部分もありますが、きついポイントも多いので、両軸で判断することをおすすめします。

 

特にチェーンの飲食店で正社員で働いていたからといって、特にメンバーレベルではこれといったスキルは残りません。

 

強いて言えば料理がうまくなる位です。

 

やりがいを感じていないならば、ずっときつい思いをして何も残らないことをやるより、もっと人生にプラスになるようなことに時間を使った方がいいです。

 

 

飲食店での正社員経験のきつい点

闇の空間で羽ばたく鳥

飲食店での正社員経験のきつかった実例

 

飲食業で働いていて、つらいなと思ったら立ち止まって考えてみましょう。

 

筆者の過去

  • 年休は70日以下
  • 休みは月4〜5日(良くて6日)
  • 4年で8店舗異動(県をまたいで)
  • 月間270〜330時間労働(サビ残も多い)
  • 他業態販売商品の販売ノルマを課される
  • 新店舗立ち上げ時は3ヶ月間休み1〜2日
  • 休日も上司・ヘルプ社員から容赦のない電話
  • 新卒入社2年目から店長(4年中3年間は店長として勤務)

 

ひどいのは黒字にしました。

「全然条件良いじゃん」と、思う方もいるかもしれないです。

だとしたら相当基準がくるっている証拠です。

筆者

 

あの頃

新卒同期も入社当時は元気だったのに、GW過ぎあたりから、暗い顔つきになっていました。

入社していきなりのピークなので体力的にもかなりきつかったのを覚えています。

 

入社して早い檀段階で辞めると「根性ねーな」「だからゆとりは」など言われる場合がありますが、あまり気にしない方がよいです。

 

 

飲食店での社員生活がきついならどうすべきか

机で項垂れる男

飲食店での社員生活がきついならどうすべきか

 

飲食店での正社員生活がきつい場合、タイミングを見て転職しましよう。

 

簡単に言うなと、思うかもしれませんが、自分自身ももっと早く辞めておけばよかったと思っています。

 

自分で環境を変えること

今の職場を選んだのは自分です。環境のせいにばかりしていられません。

 

2、6、10、11月など閑散期で退職することが理想です。

ピークで抜けると、現場からも上からもボロクソ言われますので。

おすすめは寸志が出た後の10〜11月頃です。

 

人間的な生活を送るためにも、異業界へ抜け出すことが重要です。

 

休みが少ないと単純に人生の余暇が少なく、損をした気分になります。

 

転職しろ言うけど、この労働時間で休みもほぼ無いなら、転職活動無理じゃ無いか?

 

確かにきついです。

僕は辞めてから、失業保険をもらいながら転職活動しました。

家庭の事情で退職後に転職活動ができない場合、飲食店の良い点でもある、平日休みを利用して面接を進めると良いです。

ただでさえ少ない休みを削るのは、もったいないですが、現状維持の方がもったいないです。

筆者

 

飲食店勤務で転職が難しい点

飲食からの転職が難しい点

  • 平日仕事後の時間がない
  • 休みが少なくて面接になかなかいけない
  • シフトがコロコロ変わり面接予定が組みにくい

 

19時以降に面接ができないので、面接可能日が大幅に減ります。

 

面接を組んでも、こっちの都合お構いなしにシフト変更もあり、なかなか大変です。

平日休みなのは良い点なので、数少ない休みを返上して面接に行っている人もいました。

 

ですが面接設定はなかなか面倒なので、エージェントに登録して、彼らに調整してもらうのが楽です。

 

同業で違う職種を目指したい方は、『itk』のような、飲食特化エージェントに頼むのも良いです。

 

飲食業からの時間がない中での転職活動【3パターンを比較】
飲食からの転職法3選【平日休みを活かして活動】

続きを見る

 

20代の方は未経験職にまだ間に合う

転職を進めることは一緒ですが、20代は選択肢がかなり広いです。

 

未経験で異業界に飛び込めます

ポテンシャル採用で、過去の敬虔よりかは、将来性、やる気押しでもアピールが可能です。

若いうちの特権なので、武器として使うえる限られた時期に使っておきましょう。

 

ワンオペから開放され、お客が来ないか、落ち着かない状態で昼ごはんを食べなくてもよくなります。

 

今自分がやっている仕事を、思い浮かべてみてください。

遅い早いはあれ、おそらくその仕事、誰でもできます。

だから、どんどん入社しては、辞めていくの繰り返しでも、ある程度店は回ります。

 

業界的にコマになれば誰でもいい感が強いです。

 

接客さえも未経験の40代半ばの方が、入社してくるパターンも結構ある位の業界なので。

 

転職時の注意点

転職活動はいくら第二新卒とはいえ、飲食業しか経験がないと転職はかなり厳しいのが実情です。

同業の案件や、光系営業などが多く、良い案件はタイミング次第です。

この点は覚悟しましょう。

 

26歳で未経験職への転職活動【ポテンシャル採用が望める】
26歳の未経験転職で第二の社会人人生を歩もう【転職】

続きを見る

 

 

まとめ:飲食店の正社員はきつい→機を見て転職

選択肢に◯をつける男

飲食店の正社員はきつい→機を見て転職

 

飲食店で社員で働いていても、スキル身に付くことが少ないです。

 

それに余暇が少な過ぎて、体力的にもきつく、人間らしい生活が送りづらいです。

 

飲食店がないと困るのは確かですが、キツいのであれば、そこに居続ける必要もないです。

 

環境のせいにはせず、自分で行動して変えていきましょう。

今の会社を選んだのも自分です。

あなたの体が最優先です。体調崩す前に動きましょう。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

IS

30代中盤の会社員→経歴:地方国立大文系卒▶︎飲食▶︎人材▶︎貿易▶︎IT|転職4回経験|SEO会社のWebマーケティング部勤務|TOEIC855|20代~30代前半向けの仕事、本の要約、レビュー記事を執筆中

-転職
-, ,

©︎To start blog 2020-2022