転職

32歳で未経験職への転職【準備・やり方紹介】遅くない

2021-08-15

Pikisuperstar - jp.freepik.com によって作成された business ベクトル

本記事について

本記事は、32歳で未経験職に転職を検討している方向けの記事です。

32歳でも未経験職への転職は可能ですが、転職中かなり大変な目に遭います。

かなりの覚悟が必要な挑戦です。

32歳未経験転職は、誰でもいい職を除いては、ほぼラストチャンスです。

※2020〜2021年の自身の転職活動をもとにしています。

 

身を持って感じましたが、32歳の未経験転職はかなり難易度が高いです。

この記事は自身の経験をもとにして、32歳で未経験の転職を成功させるための内容です。

筆者

 

記事の内容

  • 32歳での未経験転職は難易度が高い3つの理由
  • 32歳の未経験の転職者でも欲しい人材
  • 32歳未経験転職を成功させる方法

 

筆者の経験談

32歳で未経験転職(内定時は33歳)ができました。

書類通過率は50%、1次面接通過率は30%で、2次面接さえもなかなか進めず苦労しました。

年齢面で遠慮して行動しないと、完全に未経験転職ができなくなる年齢も近づいています。

迷っているのであれば、32歳のうちに行動しましょう。

 

やる気一辺倒、ポテンシャル採用の可能性がなくなった32歳の未経験転職はかなり大変です。

 

人生かけるくらいの覚悟をして望みましょう。

 

コツ

普通に転職活動を行ったら、常時人員不足業界以外での32歳で未経験転職はほぼ不可能です。

おすすめは、転職したい業界、職種に関する何かを副業レベルでもいいので始めてみましょう。

そしてその実績をもって転職活動に望んでいきましょう。

32歳でも本気でやる気があるアピールができます。

 

32歳はまだまだ若いですが、未経験採用となる話が違ってきます。

 

受け入れないといけない現実

  • 年収大幅ダウン
  • 上司が同い年、または年下
  • 未経験とはいえ、即結果を出さなければいけないこと

 

32歳で完全な0からの未経験転職は、基本的に不可能です。

 

実務は未経験でも、副業ベースで何かしらの結果を出していることでないと32歳では現実は厳しいです。

 

20代で2回未経験転職をしましたが、5社も受ければ内定を取れました。

ですが、30代の未経験転職はガツンと難易度が上がりますね。

普通にやってたら、無理です。

筆者

 

 

32歳での未経験転職は難易度が高い3つの理由

32歳での未経験転職は難易度が高い3つの理由

32歳での未経験転職は難易度が高い3つの理由

 

32歳くらいだと、即戦力、管理職メインでの採用が多いので、未経験での採用の難易度がかなり上がります。
筆者

 

時間がかかる点、年収大幅ダウンなど、本当に覚悟が必要な戦いです。

 

以下、実体験で感じた、32歳未経験転職の難易度が高い3つ理由です。

 

✔︎32歳未経験転職の難易度が高い理由

  1. 管理職で欲しい年齢
  2. ポテンシャル採用が望めない
  3. 年齢面での他メンバーとの折り合い

 

32歳の未経験採用が難しい理由は以上です。

 

1.管理職で欲しい年齢

30代は管理職が増えてきて、早い人は30代前半で管理職についています。

 

自分より年齢が若い方が上長の場合も多いです。

 

32歳はメンバーより管理職側で欲しい企業が多く、これが年齢面で難しい点です。

 

本来管理職レベルの年齢の人を未経験で取るのは、企業側にとってもプラスにはなりにくいので仕方がないことかなとも感じます。

筆者

 

2.ポテンシャル採用が望めない

32歳はストレート4大卒でも、社会人10年目である程度社会人として出来上がってしまっています。

 

面接では将来性ではなく、企業側のメリットになることを考えて伝えましょう。

筆者

 

ポテンシャル採用は20代中盤までの企業が多いので、32歳は将来性を期待されての採用が厳しくなります。

 

人材不足で誰でもいいので人が欲しい業界以外は、一般的に32~33歳で未経験の転職はほぼ不可能です。

 

ポイント

仮に未経験で転職をしても、32歳ともなると即結果が求められてきます。

若い子に負けられないですね。

 

3.年齢面での他メンバーとの折り合い

一緒に働く方が若い方ばかりの場合、それだけで選考が通らないこともあります。

 

スペック的な問題ではなく、どちらかと言うと企業目線の話です。

 

企業の平均年齢、応募職種の平均組織年齢などが分かればチェックしておくとよいです。

26、27歳などあまりにかけ離れている場合、ほぼ確実に書類で落ちます。

平均33、34歳の企業であれば、未経験でも企業側から見ると若手に位置付けられ、年齢面での負い目は少なくなります。

 


一緒に働くメンバーが20代中盤ばかりのグループだと、32歳が入ると、今いる方達がやりにくくなってくる懸念があり、敬遠されます。

一度平均年齢27歳の企業に応募しましたが、秒殺でした。

筆者

 

32歳の中年が平均年齢が27歳の企業に応募したら、サイレントお祈りされました。

サイレントお祈り…
面接を待つ求職者
転職活動でサイレントお祈り→そんな会社に入りたいか?

続きを見る

 

よく言う「返事がないのが返事」と捉え、腹は立ちながらも粛々と転職活動を進めました。

 

 

32歳の未経験の転職者でも欲しい人材

32歳の未経験の転職者でも欲しい人材

32歳の未経験の転職者でも欲しい人材

 

32歳未経験でも欲しい人材

  • 職務に付随する仕事の経験がある方
  • 素直で前向きな方

※コミュニケーション力は、ベタで当たり前なので省きます。

 

会社としては、早く馴染んで、1日でも早く結果を出して欲しいです。

 

そのため、素直に話を聞いて吸収してくれる人、付帯業務は経験済みのような方だと、早く成果を出してくれそうなイメージを持ってもらいやすくなります。

 

たとえば、営業経験がある場合、

  • 提案力
  • 顧客折衝
  • 電話対応
  • メールのやりとり

以上の力が、実際に営業として売れる売れない関係なく、あるはずです。

 

未経験職種でも、今までの自分の経験を活かせるような職種、業界の方が、採用される可能性が上がってきます。

 

 

筆者の実体験談

今回で3回目の転職でしたが、年齢面、コロナ、未経験ということもあり、過去最高に大変でした。

最終的に内定をもらうまでに、2020年秋口から転職活動を進め、転職期間8ヶ月で20社応募をしました。

実際に内定もらうまで、何回も心が折れ、「今回は流石に未経験は無理かな」と、落ち込む時期もありました。

結果としては諦めなかったことで、成功できましたが、本当につらいです。

 

 

32歳未経験転職を成功させる方法

32歳未経験転職を成功させる方法

32歳未経験転職を成功させる方法

 

32歳の未経験転職を成功させるためには、2つポイントがあります。

 

ポイント

  1. 副業など実務未経験だが実績のある職種への応募
  2. 応募全企業のログを取り次回に活かす
  3. 直接応募

 

1.副業など実務未経験だが実績のある職種への応募

32歳で未経験転職を成功させるためには、実務経験がなくても副業など何かしらの実績などがあるとかなり良いです。

 

サイトの運営、Web制作など、副業で行っていてそれを実務にしていきたいなど、副業ベースでも経験があるかないかで大きく違ってきます。

 

副業だとしても実際に稼いでいるいないは特に関係なく、趣味レベルでもOKです。

 

”転職をすること”を目標にして、軸を決めずに転職してしまうと、まず書類選考が通らず落ちまくります。

企業軸が決まっていないことで、ミスマッチした企業や危ない業界などに応募しがちです。

そうなると全く書類が通らない、書類がとってもブラック企業・業界だったなどというパターンになってしまいます。

 

副業などで行っていることを活かすのであれば、軸が決まっているので、ミスマッチは起きにくいです。

 

2.応募全企業のログを取り次回に活かす

32歳で未経験転職を成功させるためには、応募した全企業のログを取って改善行動をすることがとても重要です。

 

応募日、書類結果日、面接日、面接内容、面接結果日などをメモしておくとよいです。
筆者

 

特に面接後のメモはとても重要です。

 

Webでも対面でも、実際に面接して、

  • 面接の流れ
  • 答えられなかった質問
  • 答えたが詰まってしまった質問

などを、面接終了後の記憶が新しいタイミングでメモを取っておくと良いです。

 

以上のメモを活かして、次の面接につなげましょう。

 

100%成功したと思える面接はほぼないので、自分の面接を振り返って改善していきましょう。

 

32歳未経験転職はただでさえ、書類が通りません。書類通過は、入り口に立っただけで、面接が本番です。

せっかく漕ぎ着けた面接で、あなた自身をアピールできないと、そこで終了してしまいます。

 

32歳は数打てば当たるというレベルでもなくなってきます。

 

業界を絞る、職種を絞るなど明確な軸がなければ、未経験は厳しいと考えましょう。

 

32歳で未経験職への転職は、それなりの覚悟を持って望んでいるとは思うので、自分の将来プランを明確に伝えていきましょう。

 

3.直接応募

32歳の未経験転職では、エージェントはなるべく使わない方が得策です。

 

まともな案件がほぼなく、内定が取りやすい企業、全然希望と違う企業の紹介になってしまうからです。

 

人材紹介で32歳の未経験を取ろうとする企業自体少なすぎます。

もし採るにしても基本的に、求人広告で募集をかける企業がほとんどです。

 

情報収集程度に登録して、話を聞いてみることに関してはおすすめです。

 

未経験の32歳を〜百万円かけて、採用となるとかなりハードル上がってきます。

経営者目線で考えると、エージェント経由で採用しないのは納得します。

筆者

 

以上の理由で、32歳未経験転職は直接応募での転職活動をおすすめします。

 

30代でおすすめの転職サイトはdodaです。

私もdodaから32歳未経験転職しました。

未経験職種も多数載ってあり、人材紹介、求人広告が同画面で管理できるのでおすすめです。

>>doda公式サイト

 

30代のエージェント使用は、キャリアアップがメインなので、未経験の場合、圧倒的に直接応募がおすすめです。

 

 

小ネタ

32歳で未経験だとガンガン書類選考で落ちます。書類で瞬殺されると結構凹みますよね。

落ちまくってくると、どこにも必要とされていないのではないかとも感じてくる瞬間もあります。

そんな時は、自分の今の気持ちを正直にノートやPCのメモアプリなどに書いて、スッキリさせてから次に臨みましょう。

 

 

まとめ:32歳で未経験職への転職法

32歳で未経験職への転職法

32歳で未経験職への転職法

 

32歳で未経験職への転職希望は、完全に未経験では厳しいです。

 

本当に応募している職に就きたいのであれば、自らで何かしら勉強など行動をしているはずだと、人事は思っています。

 

32歳で未経験職に就くためには、就きたい職に関する何かしらを学んでおきましょう。

付け焼刃程度でも何もしてないより1,000倍マシです。

自分で学んでいる何かがないと、面接でも話せるネタがなくて、かなり苦労します。

 

本当に32歳で未経験職への転職は基本難しいです。

 

ですが、自分で応募する職種に関することを、副業でもいいので進めておき、それをネタに面接でアピールすることで可能です。

 

あくまで転職は入り口に過ぎないので、入ってからも大変です。

 

せっかく32歳で挑戦しようとしているので、気合をいれて臨んでいきましょう。

 

 

-転職
-, ,

© 2021 To start blog